中国語学部

  

国際社会において中国の存在感が増すにともなって中国語の需要は日々増大しています。中国語を学ぶことは、すなわちアジアの未来の共通言語を身につけるといっても過言ではないでしょう。外国人とのコミュニケーションは、言語的な問題にとどまらず、話者の文化、社会やものの考え方もよく理解する必要があります。したがって、中国語と同時にネイティブの中国人から中国の文化や習慣を学ぶことは、あなたが将来、国際的な場で活躍する上で有益な武器となるはずです。



◆教育方針
 1 年次と 2 年次で、基礎教育科目として、中国語の正しい発音を身に付け、基本文法を習得します。日常会話、文で表現できるようになることが目標です。
 選択科目は「中国語類」と「言語類」二つを用意しています。専門的な学習・研究を行う基礎知識を習得し、中国語を用いた資料の調査及び分析能力を磨きます。
 3 年次では、専門教育科目を中心に、中国語運用能力のさらなる向上を目指し、専門的な内容について中国語で理解し、また中国語を用いて自分の考えを発信する能力を磨きます。卒業論文の執筆を視野に入れ、中国語を用いて課題を発見し、問題を解決する力を育成します。
 4 年次では、卒業実践と卒業論文の執筆を通じて、課題発見力、計画性、問題解決力、リサーチ能力、文章構成力等を総合的に運用します。
 3 年生と 4 年生の専門教育選択科目の中に「中国語文化類」、「ビジネス中国語類」、「観光・ホテル中国語類」三種類を用意して、より実践的な中国語運用能力を身につけることもできます。中国の経済、政策、法律、旅行専門知識、ホテルマネジメント等を学ぶことは、就職活動時に大きなアピールポイントになるでしょう。

4 年間の階段的カリキュラム

募集人数30人
カリキュラムと教育実践メイン専攻分野:中国語言語文学
主要科目:初級中国語,中級中国語,上級中国語,中国語コミュニケーション,中国語リテラシー,基礎ライティング,実用文書作成実践,中国伝統文化概論,異文化間コミュニケーション,商務ケース,ビジネス商談,トレード事情,マーケティング,観光ビジネス実務,ホテル管理,観光学概論,一般心理学,など。
教育実践:本専攻における実践授業時間は総授業時間数の 34%に達する。実践型授業,社会実践(現場見学),学年論文,卒業実習,卒業論文(構想)など。
卒業認定・学位授与の方針学制:4 年
授与する学位:文学学士
教員数および学生数教員数:59 人(本校)
教員数:10 人(日本学院)
定員数: 30 人(1学年)
教育計画本専攻の育成目標に基づき,社会の需要に合わせ,当専攻の授業カリキュラムは一般教養科目,基礎教育科目及び専門教育科目から構成される。
注:本専攻から科目総数 160.0 単位を取得した者が卒業できる。そのうち,必修科目 103.0 単位,基礎教育選択科目 8.0 単位,専門教育選択科目 18.0 単位,一般教養選択科目 8.0 単位,残りの 23.0単位は任意選択科目である。

中国語教育学部

  

  中国語教育学部では主に中国語国際教育の基本素養と基本技能を習得できます。卒業後は、中国語教育の専門家として国内外の様々なフィールドで活躍することが想定されます。各教育機関で、国際語としての中国語教育に従事したり、国内外の企業、組織、団体等で中国語教育を媒介とした国際交流交に従事したりするなど、バイリンガル型、クロスカルチャー型、複合型、実践型の専門人材を目指します。

◆教育方針

1 年次と 2 年次では、中国語の「音声」、「語彙」、「修辞」を体系的に学びます。中国語を用いて比較的整った文章を構成する能力と口語の表現力を身につけます。そして、中国語文学の基本的な知識を習得し、中国語文学の読解力を育成します。3 年次では、中国語の運用能力を高めながら、中国語教育法について専門的な知識を深めます。言語文学現象を悟り、分析し、探究する能力を育成します。4 年次では、学んだ知識を総合的に運用して文学作品と関連文化現象を鑑賞し、評価する能力を磨きます。
 必修科目以外に、「言語学類」、「文学文化類」、「外国語能力類」、「言語テクノロジー類」、「認知言語学類」、「言語習得類」など様々な選択科目を用意しています。これら科目の履修は、就職活動時に、行政機関、メディア系企業、国際交流企業などへのアピールポイントとなり得るでしょう。

◆4 年間の階段的カリキュラム

募集人数20人
カリキュラムと教育実践専攻分野:中国語言語文学,外国語言語文学
主要科目:現代中国語音声,現代中国語語彙,現代中国語文法,現代中国語修辞学,言語学理論と方法,古代中国語,古代中国文学,近現代中国文学,外国文学,クリティカルライティング,実用文書作成実践,英語精読,口語英語,口語英語討論,英語作文,上級英語,スペイン語,教育学,心理学,外国語としての中国語の授業方法,第二言語習得,中国語教育の技術と実践,など
教育実践:23.8%
卒業認定・学位授与の方針育成期間:4 年
授与学位:学士(文学)
教員数および学生数教員数:59 人(本校)
教員数:10 人(日本学院)
定員数: 20 人(1学年)
教育計画本専攻の育成目標は,社会の需要に合わせ,当専攻の授業カリキュラムは教養教育科目,基礎教育科目及び専門教育科目から構成される。
注:本専攻から必修科目 95.0 単位,科目総数 160.0 単位を取得した者が卒業できる。