経営学修士(MBA)

 【 先進的な教育モデル 】 中国と西洋の文化を融合した教育モデルで、実践を重視し、ビジネスの世界に幅広く触れることができる伝統的なコースです。
 【 PBL 】 PBL(プロジェクト・ベースド・ラーニング) は、インターンシップやプロジェクトベースの学習と企業での問題解決計画作成に参加することにより、MBA 学生の実践的能力の訓練を行います。
 【 同窓会実践メンタープログラム 】 優れた卒業生と学生の間に良好なコミュニケーション・プラットフォームを構築し、対人関係のネットワークを開拓・拡大し、経験や知恵を共有するという目的を達成することを目的としています。
 【 プロフェッショナル・トレーニング・システム 】 26 年の経験を生かし、充実した研修・サービス体制と豊富な同窓会資源を持ち、生涯教育のためのリソースプラットフォームを構築しています。

I. トレーニングの目的
中国文化におけるビジネス慣行に対する深い洞察力を持つビジネスリーダーを育成する。 具体的には、以下のようなものがあります。

  1. 社会的責任感と優れた人間性を備えた近代的な起業家を育成すること。
  2. 現代の経営理念を中国の実務に取り入れることができる国際的なハイエンド人材を育成すること。
  3. 絶え間ないイノベーションの精神を持った先駆的な起業家を育成すること。

II. プログラムの種類と期間
非全日制のMBAプログラム:3年間のオンザジョブ学習、学習期間は最長5年以内、学生は主に在日中国人、中国語を学習言語として使用できる外国人とする。主な学習言語は中国語であること。

III. トレーニング方法とアプローチ
教員の教員資格は、大学(または短大)の学位委員会またはその認定団体が決定する。 大学(学部)の教員は、次の通りとする。

教員の教員資格は、大学(短大)の学位委員会が認めたもの、または大学が認定したものである。

チューターと集合研修の組み合わせ、教員と実務家の組み合わせ、コーススタディと論文の組み合わせ、大学院生同士の交流研究など、さまざまな研修形態を採用し、大学院段階でのより幅広い体系的な知識と能力を把握し、その上で一定のテーマ研究の方向性を掘り下げ、実務への応用力を養っています。 学位論文の執筆を通して、実践的な問題を総合的に解決する能力をさらに高めます。

具体的な要件

1.学習時間配分:非全日制のMBA大学院生の最初の4学期は、一般的に学期ごとに4〜6のコースを設置し、第四学期は論文を開始し、第5および第6学期は、主に論文を書くために使用される。そのため、論文を書くための総時間が半年以上である。

2.教授法:教員は、ケース教授法を提唱し、特に国内外の中国企業に対して自ら作成したケースを使用することを提唱している。 大学院生の思考力、分析力、問題解決力の育成に資するような教育内容、教育方法であるべきである。 すべての「経営基礎モジュール」コースの少なくとも4分の1、および選択科目の少なくとも5分の1の時間をケース授業に充てることとする。

3.講演会:経営実務に精通した専門家を招き、毎学年4回以上の講演会・講座(総称して「四海講演会」)を開催し、学生の人間的教養の向上と業界のフロンティア開発の把握に役立てている。 学生は、研修プログラムの要件に従って、3回以上の講義を受講する必要があり、これを1単位とする。

4.学生活動:毎年、MBAセンターは、すべてのクラスで、すべての学生活動を組織・調整する連盟を選出し、MBA大学院生は、センターとの日々のコミュニケーションに加えて、学期ごとに少なくとも2つのグループ活動を組織するクラス委員会を設立することが求められている。 また、センターでは、全学生を対象としたグループ活動を随時開催し、広範な学術・ビジネス交流の機会を創出する予定である。

MBA取得者の実践的なマネジメント能力を強化するため、在学中に最低3回の企業へのフィールドトリップに参加することを義務づけている。 2年次には、企業実習やプロジェクト学習を行い、特定の企業で実践的な問題解決を目指した論文を完成させることが求められている。

IV. カリキュラムと単位

中国モジュール"、"ソフトスキルモジュール"、"分析基礎モジュール "と "管理基礎モジュール":MBAプログラムは、必修科目と選択科目に分割され、そのうちの必修科目は、4モジュールに分割されています。 "必修科目は「中国モジュール」「ソフトスキルモジュール」「分析基礎モジュール」「経営基礎モジュール」の4つに分かれている。 MBAプログラムによって、選択科目のメニューや選択方法は異なる。

非全日制MBAの選択科目は、金融・財務、マーケティング、オペレーションズ・マネジメント、アントレプレナーシップ・マネジメントと意思決定、ジェネラル・マネジメントの5つの分野に分かれています。

総単位数の下限は46単位、上限は52単位です。 このうち、公的学位科目は4単位、専門職学位科目は8単位、非学位科目は34単位以上40単位以下となっています。

非全日制MBA:必修科目(合計34単位)
1.中国の特色ある社会主義の理論と実践に関する研究* [中国大陸の学生必修科目
2.中国の特色ある現代化の理論と実践に関する研究(中国現代化理論・実践研究)※[香港・マカオ・台湾の学生は必修。
3.中国の法的・制度的環境(中国ビジネス環境)
4.オリエンテーション
5.先取りセミナー(四海講堂-前方讲座)
6.ビジネス英語 ※【中国本土の学生、香港・マカオ・台湾の華僑留学生必修
7.マネジメントコミュニケーション
8.組織行動論* (OB)
9.企業の社会的責任と企業倫理(CSR)
10.経営研究の方法論とアカデミックライティング
11.学位論文
12.経営経済学(Managerial Economics)※1
13.財務会計
14.データ・モデル・ディシジョン(DMD)※1
15.マーケティングマネジメント
16.財務管理
17.運用管理
18.人的資源管理
19.戦略的マネジメント※1

パートタイムMBA:選択科目メニュー(1人6科目以上、12単位以上)
1.コーポレート・ガバナンスと内部統制(CGIC)
2.中国における管理会計(中国における管理会計)
3.ビジネス評価と分析(BEA)
4.中国におけるタックス・プランニング
5.中国金融市場と投資戦略
6.Eコマースと小売業戦略(Eコマースと小売業戦略)
7.戦略的ブランドマネジメント

  1. 市場調査(マーケットリサーチ)
  2. サービスマーケティング
    10.プロジェクトマネジメント
    11.国際貿易とグローバルサプライチェーンマネジメント(国际贸易和球供應チェーンマネジメント)。
    12.戦略的情報システム(SIS)
    13.起業家ベンチャーのための資金調達(Fundraising for Entrepreneurial Venturing)
    14.ビジネスモデルと企業設計(ビジネスモデルと企業設計)
    15.ビジネス・ネゴシエーション
    16.意思決定シミュレーション
    17.リーダーシップと組織行動学
    18.マネジメントコンサルティング(経営コンサルティング)
    19.国際事業
    20.総合演習(プロジェクトベースドラーニング)

V. 評価方法
1.必修科目は試験の形で評価し、選択科目は試験または審査で評価する。 試験・検定とも、成績は百分率で評価される。 暨南大学大学院生学業成績評価管理規則の要求に基づき、学位取得科目は70点以上(70点を含む)を合格とし、学位取得科目の平均点が75点の場合、対応する単位を授与することができ、非学位取得科目は60点以上(60点を含む)を合格とし、対応する単位を授与します。

2.修士課程の学生は、所定の単位を修得し、開題レポートに合格しなければ、学位論文を執筆することができません。また開題レポート合格後、中間試験を実施します。 中間考査の目的は、大学院生の修養上の必要性に応じて、道徳的・知的・身体的側面から修養の進捗状況を総合的にチェックし、その後の学修の段取りについて意見・提案・要求することです。

VI. 研究開始のご報告

  1. 修士課程の学生は、入学後2学期に指導教員の指導のもと、研究の方向性と論文テーマを立案し、遅くとも3学期には学位論文の開封報告書を完成させるものとする。
  2. 開設報告書は、選択したテーマ、国内外の展開、研究内容、期待される目標、研究計画等を基に論述し、所属する学位大学院で発表し、コメントを聴取して必要な修正・調整を行い、大学院教育の統合管理システムにおいて開設報告書を完成させること。

3.テーマが不適切、方法が不適切、または対策が実施できない場合、オープニングレポートは論文執筆の段階に入ることができない。

4.開題レポート合格後、中間試験を実施する。 中間試験の目的は、修養プログラムの要求事項に基づき、道徳的、知的、身体的側面から大学院生の学業の進捗状況を総合的にチェックし、その後の学業の段取りについて意見、提案、要求を出すことである。

大学院生で「合格」以上の方は、卒業・学位申請手続きに入ることができる。

VII. 学位論文

1.学位論文の指導は指導教員が行い、学位論文執筆の総時間は概ね 24 週間(4 単位)である。

2.学位論文のテーマは、研究に基づいて選択され、実情と密接に融合している必要がある。 学位論文は、主に調査報告書、企業診断報告書、事例研究報告書などの形式が推奨されrている。 論文本文は、通常、少なくとも2万字以上とする。

3.学位論文の形式は問わないが、実践的な問題解決に向けた知識の応用能力を反映し、独創性と実践的価値を有するものであること。 (詳細は、「暨南大学MBA論文募集要項」及び「暨南大学MBA論文執筆要項」をご参照ください)。

VIII. 学位論文の審査と学位記の授与
1.大学院生は、育成プログラムに定められた科目を履修し、所定の単位とリンクを修得し、成績に合格した後、学位論文の審査申請を行い、審査に合格すれば、修士の学位記を授与される。
2.学位論文の評価及び審査は、暨南大学大学院の学位授与業務実施規程に基づき行うものとする。

3.留学生の中国語能力は、卒業時に国際中国語能力基準5級に達していること。

  1. 学位授与の条件を満たした者は、暨南大学校学位審査委員会の承認を経て、中華人民共和国経営学修士の専門職学位を授与され、学位証が発行される。

IX. その他
修士課程の学生は、正式な学位論文の審査に先立って、予備審査に合格しなければならない。 予備審査の関連規定は、『暨南大学博士学位論文予備審査管理弁法』による。


国際中国語教育研究科(MTCSOL)

暨南大学は、長年にわたり中国語教育や華僑教育に力を入れており、中国国家教育部の「全国中国語教育基地」および国務院僑務弁公室の「中国語教育基地」に指定されています。 中国語国際教育学部専攻は、広東省の有名ブランドに選ばれ、「中国語教育」学部専攻は、広東省の中でも有名な専攻に選ばれています。 また、中国国務院僑務弁公室の中国語教育資格の開発も担当しています。

 また暨南大学には、中国語国際教育における強力な教授陣が揃っています。 現在、同学科には教授15名、准教授24名、講師5名、博士号取得者40名が在籍しています。 本専攻の教員と研究員は、長年にわたり中国語の存在論と応用に関する研究、中国語教育、中国語の国際普及の推進に尽力し、学術研究、人材育成、教材作成などの面で重要な成果を上げてきました。 暨南大学中国語学院が編集した教科書「中国語」は、全世界で1000万セット以上配布され、海外の華人学校でも広く使用されています。

I トレーニングの目標                   
「中国語国際教育」専攻は、中国語国際教育の大義を支え、中国語のグローバル化のニーズに応えると共に、中国語国際教育の専門人材養成システムを改革・改善し、国内外の第二言語・外国語としての中国語教育のニーズに応えられる専門人材を育成するために設置された専門学位である。
このプログラムは、海外の教育現場の実務ニーズに応え、第二言語としての中国語教育、中国語・中国文化研究、中国語応用のハイレベルな専門家を養成するために設計されています。

II 学位賞
所定の38単位を修得し、学位論文の審査に合格し、学位授与の要件を満たした者には、中華人民共和国教育部が認定する大学院の修士課程修了証書と学位が授与されます。

III カリキュラム
カリキュラムは実践を重視し、国際中国語教員の専門的なニーズを目標とし、中国語教授能力、中国文化コミュニケーション能力、異文化コミュニケーション能力の育成を中心に構成されています。また、核心的な科目を主軸に、発展科目を補助とし、実習を保証とするカリキュラム体系を形成しています。 学生は38単位以上(38単位を含む)を取得する必要があります。 内訳は、公開学位科目2単位、核心科目12単位、研修科目8単位、発展科目8単位、教育実習6単位、学位論文2単位です。

一般教養(中国語概論)
中国語の言語要素およびその教育
第二言語習得
教室での中国語教育とマイクロティーチングのケーススタディ
中国文化とその伝播
異文化コミュニケーション
教室での中国語指導の見学と実践
言語教育における調査・分析
言語教育における評価とテスト
中国文化スキル研修
現代言語教育技術
中国語教材・資料
中国語の面白い教え方
語学教育におけるコース設計と管理
ティーチング・インターンシップ
学位論文

Ⅳ 指導方法と指導期間

パートタイム(オン・ザ・ジョブ)、集中型の学習形態で、修士課程の学生は2年間、最長で5年間学ぶことができます。
修業年限は、最長5年で、コースワークが1~1.5年、インターンシップと卒論が半年または1年となっています。

1.指導教員と指導教員チームによる集団指導の組み合わせで育成を行う。 入学後、大学院生と指導教官の二者択一で、各大学院生の指導教官が決定されます。

2.指導教員による個別指導、指導現場での集中的な対面指導、オンラインビデオ指導を組み合わせて授業を行います。 ティーチングポイントで、7日間または9日
間の計11回の対面式集中講義を実施します。

3.学位論文の公開・審査は、すべての対面式集中講義終了後の1ヶ月後に暨南大学大学院にて行われます。

4.学位取得科目は、70点以上の成績で合格、非学位取得科目では60点以上の成績で合格とします。 学位論文の執筆は、学位取得科目(含む)の平均評点が75点以上であることを条件とします。

Ⅴ 講師紹介
Guo Xi, 男性, 教授, 博士課程指導教員.
主な研究テーマ:社会言語学、中国語国際教育
電子メール:guoxi@hwy.jnu.edu.cn

Shao Yi、男性、文学博士、教授、博士課程指導者。
主な研究テーマ:中国語方言学、社会言語学、口語表現論
電子メール:shaoyi@hwy.jnu.edu.cn

Zeng Yiping、男性、文学博士、教授、博士のスーパーバイザー。
主な研究テーマ:国際的な中国語教育、修辞学、方言学、音声学。
電子メール:zengyiping@hwy.jnu.edu.cn

Zong Shihai、男性、文学博士、教授、博士号取得のための指導者。
主な研究テーマ:語用論、談話分析、修辞学、異文化間コミュニケーション
電子メール:zongshihai@hwy.jnu.edu.cn

Liu Hua、男性、文学博士、教授、博士号取得のための指導者。
主な研究テーマ:計算言語学、華僑語、外国語としての中国語教育
電子メール:liuhua@hwy.jnu.edu.cn

Zhang Jinqiao、男性、文学博士、教授、博士号取得のための指導者。
主な研究テーマ:心理言語学、外国語としての中国語教育
電子メール:zhangjinqiao@hwy.jnu.edu.cn

李俊、男性、文学博士、教授、修士課程指導教官。
主な研究テーマ:語用論、現代中国語の修辞学、外国語としての中国語教育
電子メール:lijun@hwy.jnu.edu.cn

Xuehuan Ding、女性、文学博士、教授、修士号の指導者。
主な研究テーマ:外国語としての中国語教育、中国語文法
電子メール:dingxuehuan@hwy.jnu.edu.cn

YUEQING SUN, F., PhD in Literature, Professor, M.A. Supervisor.
主な研究テーマ:中国語の方言、外国語としての中国語教育
電子メール:sunyuqing@hwy.jnu.edu.cn

ZHOU JING, F., PhD in Literature, Professor, M.A. Supervisor.
主な研究テーマ:現代中国語文法、外国語としての中国語教育
電子メール:zhoujing@hwy.jnu.edu.cn

Hanwei WANG, 男性, 博士(文学), 教授, M.A. 監修.
主な研究テーマ:現代中国語、外国語としての中国語教育
電子メール:wanghanwei@hwy.jnu.edu.cn

王 茂林(ワン・マオリン) 男性 文学博士、教授、修士課程指導者。
主な研究テーマ:実験音声学、コーパス言語学、外国語としての中国語教育
電子メール:wangmaolin@hwy.jnu.edu.cn

王延軍(ワン・ヤンジュン) 男性、文学博士、教授、博士課程指導者。
主な研究テーマ:現代中国語、外国語としての中国語教育・研究、民俗文化
電子メール:wangyanjun@hwy.jnu.edu.cn

楊海明、男性、文学博士、准教授、修士課程指導教官。
主な研究テーマ:現代中国語文法、外国語としての中国語教育
電子メール:yanghaiming@hwy.jnu.edu.cn

莫海濱(Mo Haibin)、男性、文学博士、准教授、修士号取得者、指導教官。
主な研究テーマ:中国現代詩学、華僑文学、外国語としての中国語教育
電子メール:mohaibin@hwy.jnu.edu.cn

Liu Xiaomei、女性、文学博士、准教授、修士課程の指導教官。
主な研究テーマ:中国語語彙論、外国語としての中国語教育
電子メール:liuxiaomei@hwy.jnu.edu.cn

Xiong Yuzhen、女性、教育学博士、准教授、修士課程の指導教官。
主な研究テーマ:マルチメディア・ネットワーク教材の開発・設計・応用、情報技術
電子メール:xiongyuzhen@hwy.jnu.edu.cn

Yumei Shi、女性、文学博士、准教授、修士課程指導教員。
主な研究テーマ:タイポグラフィ、外国語としての中国語教育
電子メール:shiyumei@hwy.jnu.edu.cn

Zhang Li, M. (文学博士) 准教授、M.A. Supervisor.
主な研究テーマ:現代中国語、中国語とその応用、文体論
電子メール:zhangli@hwy.jnu.edu.cn

Jin Ying, 女性, 文学博士, 准教授, 修士課程指導教員。
主な研究テーマ:中国語語彙史、文法史、中国語国際教育論
電子メール:jinying@hwy.jnu.edu.cn

KUANG Xiaorong, 男性, 博士(文学), 准教授, 修士課程指導教員。
主な研究テーマは、現代中国語の修辞学、言語学、中国語教育、外国語としての中国語教育である。
電子メール:kuangxiaorong@hwy.jnu.edu.cn

Zhu Xiaohong、男性、文学博士、講師、修士課程指導教官
主な研究テーマ:社会語用法論
電子メール:zhuxiaohong@hwy.jnu.edu.cn

王 公平 男性 文学博士、准教授、修士課程指導教員
主な研究テーマ:外国語としての中国語教育、実験的音声学、現代中国語文法
電子メール:wanggongping@hwy.jnu.edu.cn

MA Xinqin, 男性, 博士(文学), 准教授, 修士課程指導教員
主な研究テーマ:周易研究、経典研究、外国人向け中国語教育法
電子メール:maxinqin@hwy.jnu.edu.cn

ヤン・ワンビン(男性) 文学博士、准教授、修士号指導者。
主な研究テーマ:中国語教育、応用言語学。
電子メール:yangwanbing@hwy.jnu.edu.cn

Cai Li, 女性, 博士(文学), 准教授, 修士課程指導教官
主な研究テーマ:華僑の言語教育
電子メール:caili@hwy.jnu.edu.cn

Liu Hui, F, 博士(文学)、准教授、修士指導教員
主な研究テーマ:社会言語学
電子メール:liuhui@hwy.jnu.edu.cn

LI Jiwei, M, PhD, 准教授、修士課程指導教官
主な研究テーマ:第二言語習得、外国語としての中国語教育
電子メール:lijiwei@hwy.jnu.edu.cn

LI Xiaofeng, F, PhD, 准教授、MAスーパーバイザー
主な研究テーマ:文体論、言語文体論
電子メール:lixiaofeng@hwy.jnu.edu.cn

Li-Mei WU, F, Ed.D., 准教授、M.A.スーパーバイザー
主な研究テーマ:心理言語学
電子メール:wulimei@hwy.jnu.edu.cn

MAI Tao, M, 博士(文学)、講師、修士課程指導教官
主な研究テーマ:第二言語習得、外国語としての中国語教育
電子メール:maitao@hwy.jnu.edu.cn

Tian Wei, F, PhD, 准教授、修士課程スーパーバイザー
主な研究テーマ:中国語教育、中国古典文学
電子メール:tianwei@hwy.jnu.edu.cn

Liu Yuhong, F, M.A., 准教授、M.A.スーパーバイザー
主な研究テーマ:中国古代文学、文学、中国語教育、特別支援教育
電子メール:liuyuhong@hwy.jnu.edu.cn

LI Xiangping, F, BA, Associate Professor, M.A. Supervisor.
主な研究テーマ:言語学・応用言語学、漢字とその教育、漢字の研究
ドキュメンタリーの釈義と中国文化のコミュニケーション
電子メール:lixiangping@hwy.jnu.edu.cn

Hongmei Gan(女性) 文学博士、准教授、修士課程指導教官
主な研究テーマ:外国語としての中国語教育 中国語教育
電子メール:ganhongmei@hwy.jnu.edu.cn

Mei Li, 女性, PhD, 講師, M.A. スーパーバイザー
主な研究テーマ:第二言語習得、第二言語としての中国語教育、中国語教育
電子メール:meili@hwy.jnu.edu.cn

Dandan Li, F, PhD, 准教授、修士号スーパーバイザー
主な研究テーマ:中国語歴史、第二言語としての中国語教育、中国語国際教育
電子メール:lidandan@hwy.jnu.edu.cn

Yang Feng, M, PhD, 准教授、M.A. Supervisor
主な研究テーマ:実験音声学、中国語国際教育、言語・文化生態学
電子メール:yangfeng@hwy.jnu.edu.cn